PC

gcloudコマンドの初期設定

Google Cloudに関係するコマンドラインツールの一つであるgcloudコマンドの初期設定方法をまとめます。

Googleアカウントの登録、アカウントの切り替え、GCPプロジェクトの追加、デフォルトリージョンの設定など、最初に必要な操作についてまとめています。

ほぼ自分のための備忘録です。

Googleアカウントの設定

まず、gcloudコマンドで利用するGoogleアカウントを登録します。

登録されているユーザの確認(gcloud auth list)

$ gcloud auth list
Credentialed Accounts

ACTIVE: *
ACCOUNT: hoge@gmail.com

To set the active account, run:
    $ gcloud config set account `ACCOUNT`

アカウントの追加(gcloud auth login)

gcloud auth loginコマンドを実行すると、ブラウザでGoogleアカウントにログインする画面が表示されるので、追加したいユーザでログインします。

$ gcloud auth login

# 登録後、gcloud auth listで再確認
$ gcloud auth list
Credentialed Accounts

ACTIVE: *
ACCOUNT: fuga@gmail.com

ACTIVE: 
ACCOUNT: hoge@gmail.com

To set the active account, run:
    $ gcloud config set account `ACCOUNT`

アクティブアカウントの変更(gcloud config set account)

glocud auth listコマンドでもコマンドのガイドラインが表示されていますが、下記コマンドでアクティブアカウントを変更可能です。

 $ gcloud config set account hoge@gmail.com

Configurationsの作成

複数のプロジェクトを利用しているときには、named configurations(名前付けした設定)を設定するのが便利です。

configurationsとは、プロジェクト固有の設定(プロジェクトID、アクティブユーザー、ComputeEngineゾーンなど)を一つにまとめものです。<key, value>形式で設定を保存します。

例えば、プロジェクトA用にはproject-Aというconfigurationsを作成し、プロジェクトB用にはproject-Bというconfigurationsを作成します。

このproject-Aとproject-Bを切り変えることで、それぞれのプロジェクトに応じた設定を利用することができます。

詳細は、公式のドキュメントを参考にしてください。(gcloud topic configurations: https://cloud.google.com/sdk/gcloud/reference/topic/configurations?hl=ja

configurationsは、複数プロジェクトを扱う上ではほぼ必須です!ただし、プロジェクトを一つしか利用しない場合は必要ないです。

configurationsの確認(gcloud config configurations list)

設定済みのconfigurationsを表示します。

下記では、defaultのconfigurationsが表示されています。

$ gcloud config configurations list
NAME         IS_ACTIVE  ACCOUNT         PROJECT  COMPUTE_DEFAULT_ZONE  COMPUTE_DEFAULT_REGION
default      True       hoge@gmail.com  sample   us-west2-a            us-west2

configurationsの追加

デフォルトでは、configurationsを作成すると、アクティブなconfigurationsも変更されます。

$ gcloud config configurations create sample
Created [sample].
Activated [sample].

# 改めて確認
$ gcloud config configurations list
NAME         IS_ACTIVE  ACCOUNT          PROJECT  COMPUTE_DEFAULT_ZONE  COMPUTE_DEFAULT_REGION
default      False      hoge@gmail.com   sample   us-west2-a            us-west2
sample       True

configurationsに設定を追加

# アカウントの追加
$ gcloud config set account fuga@gmail.com
Updated property [core/account].

# プロジェクトを追加
$ gcloud config set project sample-project
Updated property [core/project].

# Compute Engineのゾーンを追加
$ gcloud config set compute/zone us-central1-b
Updated property [compute/zone].
$ gcloud config set compute/region us-central1
Updated property [compute/region].

# 設定を確認
$ gcloud config configurations list
NAME     IS_ACTIVE  ACCOUNT         PROJECT         COMPUTE_DEFAULT_ZONE  COMPUTE_DEFAULT_REGION
default  False      hoge@gmail.com  sample          us-west2-a            us-west2
sample   True       fuga@gmail.com  sample-project  us-central1-b         us-central1

まとめ

gcloudの初期設定の方法をまとめました。

GCPを利用していると、configurationsはほぼ必須となるので、ぜひ使い方を覚えてください。

  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-PC
-,