勉強

AWS認定クラウドプラクティショナー合格へのおすすめ本・問題集

仕事でAWSを使い始めたので、AWSの勉強のためにAWS認定クラウドプラクティショナーの資格を取ることにしました。とりあえず受験して合格したので、勉強に利用した本や問題集を紹介します。

今回紹介するのは下記2つです。勉強には下記2つしか利用していません。1日30分から1時間程度の勉強を3-4週間程度くらいで合格できたと思います。

  • AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー(著:山下光洋,海老原寛之)
  • この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)

それぞれについて説明していきます。

AWS認定資格試験テキスト

この本はクラウドプラクティショナー合格に向けた最も有名な参考書だと思います。アマゾンでもベストセラー1位です。

AWSの基本的な内容がさらっと書かれているので、AWSとはなんなのかを知るためには良い本だと思います。ただ、ある程度AWSを知っている人にとっては物足りない内容かなと思います。

この本は、短期間でまず1周読んでしまうのがおすすめです。AWSは似たような単語と似たような機能を持つサービスが多いです。多少わからない部分があってもまず全体を読んで、この単語は見たことがあるなという状態を作り出しましょう。その後、問題を解きつつこの参考書で知識を補完していくのが良いと思います。

自分は大体4-5日間くらいでこの本を1周読み切りました。そのあとは、下記で紹介する問題集を解きながら、状況に応じて知識を定着させたい部分だけ読むということを行いました。

各章の最後に演習問題が付いていますが、この演習問題だけでは知識の定着には不十分だと思います。下記で紹介する問題集を解くことをおすすめします。

この問題だけで合格可能!模擬試験問題集

こちらは電子版の模擬試験形式の問題集で、udemyで販売されています。良い問題集だと思うので個人的にかなりおすすめです。どのような資格試験でも参考書を読むだけでは知識の定着は難しいので、こういった問題集である程度の問題数を解くことが必要だと思います。(udemyのページはこちら

この問題集は6つの模擬試験で構成されていて、2つが基本レベル、3つが応用レベル、1つが高難易度(高難易度だけ1つのコンテンツに2回分の模擬試験が含まれている)です。一つの模擬試験には65問の問題が含まれています。高難易度はアソシエイトレベルなので、クラウドプラクティショナーの合格だけを狙うなら基本レベルと応用レベルを解けば十分です。

自分の場合は、すべての模擬試験を解きました。基本レベルと応用レベルの5つの模擬試験に関しては、それぞれ3回くらいは繰り返し解いて正答率が90-100%になりました。高難易度問題は1回しか解いておらず、あとは解説を読んで知識を深めた程度です。

値段は3,600円ですが、頻繁にセールを行っているのでセール中に購入しましょう。自分が購入したときには58%offのセール期間中だったので、1,600円で購入することができました。1,600円でこの問題量は優れている問題集だと思います。

実際の認定試験について

自分はピアソンVUE社で行われている認定試験を試験会場で受けました。オンラインで試験を受けることも考えましたが、試験会場に行った方が集中できると考えたからです(部屋を片付けるのもめんどくさかった、、、)。

当日の試験の流れは下記です。

  1. 受付
  2. 試験会場に案内されて、指定された席に着席
  3. 試験を受ける
  4. 終了次第退室

テスト時間は100分と案内されますが、終了次第退室することができるので、実質はアンケート含めて20-30分くらいです。テストの後に予定がある人は、早めに終了する前提で予定を立てて良いと思います。

試験結果は試験を終了したときに画面に表示されます。その場で試験結果がわかるのは良いですよね。ただし、証明書の発行までは2,3時間かかります。

まとめ

この記事では、AWS認定クラウドプラクティショナーの合格に向けて利用した参考書と問題集を紹介しました。実際に、上記で紹介した本だけで無事に合格できました。

参考書と問題集を紹介しましたが、正直参考書は必要なかったかなと思っています。udemyの問題集を解きつつ、わからない部分はググるという形で十分だと思います。

結局クラウドプラクティショナーは知識問題なので、合格する分には問題を解くだけで十分だと思います。udemyでは頻繁にセールも行われているので、タイミングよく購入したいですね。ただ、udemyの設問文と実試験の設問文ではクセが違います。同じことを別の言い回しで質問してくるので、試験では冷静によく設問分を確認することが重要だと思いました。

次は、AWS認定ソリューションアーキテクトを目指します。

関連記事

AWSのクラウドプラクティショナーで覚えるべき単語のまとめ

仕事でAWSを使うことになったので、とりあえず勉強がてらAWS認定クラウドプラクティショナーの資格を取ることにしました。 少し勉強してみたところ単語を覚えることが重要であると思ったので、AWSで利用す ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-勉強
-