PC

Synology DS216jでQuickConnectからDynamicDomainNameSystem(DDNS)に変更

自宅用NASとして、Synology DS216jを使用しています。外部から自宅のNASに接続する方法として、Quick Connectという仕組みが提供されていて、非常に簡単に外出先から自宅のNASにアクセスできます。

しかしながら、Quick Connectの転送速度はちょっと遅いです。そこで、この度Quick ConnectからDynamic Domain Name System(DDNS)に変更することにしました。また、ついでにhttps通信を有効にします。

DSMのバージョンは6.2です。基本的にこちらのSynologyコミュニティに従えば設定できます。

DDNSに変更することで転送速度が速くなった気がするので、QuickConnectの転送速度に不満がある方にはおすすめです!

※ SynologyNASのデータをAWSのS3 Glacierにバックアップを取る方法に関して、記事を書きました。興味のある方はページ最後のリンクからご覧ください。

QuickConnectとDDNS

公式のサポートに書かれていますが、2つの違いは下記になります。

 QuickConnectDDNS
ルータの設定必要なし必要あり
サードパーティの証明書サポートなしサポートあり
転送速度遅い早い
おすすめな人Synology NASの初心者ルータ設定ができる人や転送速度を求める人

QuickConnectはSynology社が用意している中継サーバを経由してDSMにアクセスする仕組みです。一度中継サーバを経由するので、転送速度は遅くなってしまいます。

一方で、DDNSは直接DSMに接続するため、QuickConnectと比べて転送速度が高速なようです。

転送速度を求める人は、DDNSを利用するべきですね。DDNSを有効にしていきます。

QuickConnectからDDNSへ

設定は下記の順番になります。

  1. NASのDSMにアクセス
  2. DDNSの設定
  3. DNSサーバの設定
  4. HTTPS通信の有効化
  5. ルータのポートフォワーディングの設定

それぞれ詳細を確認していきます。

1. NASのDSMにアクセス

まず、DiskStation Manager(DSM)に接続します。

QuickConnectを利用している人は、ブラウザからアクセス可能です。

URL:https://quickconnect.to/hoge

2. DDNSの設定

ここからはDSM上での操作です。

「コントロールパネル」→「外部アクセス」→「DDNSタブ」に進み、追加ボタンを押して、下記を入力してください。

サービスプロバイダ:Synology  
ホスト名:(好きな文字列).(好きなものを選択)

入力後、「テスト接続ボタン」を押します。

ホスト名が他人と被っていたりすると、失敗してしまうので、失敗したら修正しましょう。

最後に、下部のチェックボックスにチェックを入れて、OKボタンで設定は完了です。

3. DNSサーバの設定

Domain Name Server(DNS)の設定を行います。googleのDNSサーバを指定してみます。

「コントロールパネル」→「ネットワーク」→「全般タブ」に進みます。

DNSサーバを手動設定にチェックを入れて、下記を入力します。

優先DNSサーバ:8.8.8.8
代替DNSサーバ:8.8.4.4

優先DNSサーバは、自分のルーターで設定している場合、ルーターのIPにしても構いません。

4. HTTPS通信の有効化

ここは、最初に紹介したSynologyコミュニティのページと手順が異なります。

「コントロールパネル」→「セキュリティ」→「証明書タブ」に進み、追加ボタンを押します。

「既存の証明書を置き換えます」にチェックを入れ、synology.comを選択します。

次に、「Let's Encryptからの~」にチェックを入れ、規定値としての証明書に設定して、次へを押します。

その後、先ほど設定したドメイン名、自分のメールアドレスを入力します。

サブジェクトの別名は入力しなくても大丈夫です。

5. ルータのポートフォワーディングの設定

「コントロールパネル」→「ネットワーク」→「DSM設定」に進み、DSMポートのHTTPとHTTPSのポート番号を調べます。

あとは、自分のルータの設定画面からHTTPとHTTPSの利用ポートの開放を行ってください。

ここだけは、ルーターによって方法が違うので自分で調べるしかないです。

また、セキュリティを考えてHTTP通信を禁止する場合は、ここで「HTTPS接続をHTTPSに自動リダイレクトする」にチェックを入れてください。

チェックを入れて適用すると、http://host.~~~で接続しても、httpsにリダイレクトされるようになります。

接続チェック

家のLANに接続していない端末のブラウザからhttps://hostname.synology.com等でアクセスしてみてください。

警告画面が出ないで、DSMへのログイン画面が出れば設定完了です。

まとめ

QuickConnectからDDSMに変更する方法を紹介しました。QuickConnectはお手軽で便利ですが、転送速度の遅さが気になります。接続方法をDDSMに変更することで早くなった気がします。

QuickConnectでDSMに接続していて転送速度が遅いなと感じたことがある人は、試してみる価値があると思います。

関連記事

Synology NASのデータをS3 Glacierにバックアップする方法

この記事では、Synology NASのデータをAmazon Web Service (AWS)のS3 Glacierにバックアップする方法を紹介します。 NASには重要なデータがたくさんありますよね ...

続きを見る

SynologyNASにおけるS3 Glacierの利用料金を実例から紹介

前回の記事ではSynology NASでS3 Glacierにバックアップする方法を紹介しました。今回は、実際にどのくらいのデータのときにどのくらいの利用金額がかかりそうなのかを見積もる方法を紹介しま ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-PC