PC

Manjaro GNOME 21.0.3をDellノートパソコンにインストール

昔は開発するとなるとLinuxを利用していましたが、最近はWindows10+WSLが便利になってきたのでWindowsで色々と開発をしていました。

ただ、ネットワーク周りでWSLは面倒だと感じることがあったので、WindowsからManjaroに開発環境を引っ越すことにしました。

手元にあるDellのノートパソコンにManajaroをインストールしたので、インストール方法を紹介します。(BIOSの設定周りで手間取ったのでメモ的な感じ)

デュアルブートはせずに、Manjaroのフルインストールです!自分の場合、デュアルブートにしても結局片方のOSしか使わなくなるんですよね

対象のノートパソコン

今回Manjaroをインストールしたノートパソコンの詳細です。去年の11月くらい?に購入してから自分のメイン機です。

  • 型番:Dell Inspiron 13 7000 (7300) 
  • CPU:第11世代 インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー 
  • GPU:NVIDIA® GeForce® MX350 with 2GB GDDR5 
  • Memory:16GB, オンボード, LPDDR4x, 4267MHz
  • HDD:1TB M.2 PCIe NVMe SSD

GPUにMX350を積んでいるので、CUDAを利用できるのが地味に助かります。

MX350は難しい機械学習ができるほど計算能力は高くありませんが、gpuモードで保存されているNNモデルを読み込むくらいはできます(メモリが2GBしかないけど、、、)

Manjaroってなんじゃろ

"enjoy the simplicity"をテーマとしたArchベースのディストリビューションです。初心者向け(?)として有名ですよね。

DistroWatch.comによると2021年4月30日の段階で注目度2位です(1位のMX Linuxも気になりますね)。

自分がManjaroの好きなところは、Archベースだけど本家のArchよりも安定性が高いところです。Archはドキュメントやコミュニティフォーラムがしっかりしているので、トラブルが起きてもなんとか解決できますし、Linuxの勉強にもなりますよね。

Manjaroのインストール方法

live USBを作成して、live USBからManjaroを起動して、PCにインストールするだけです。

ただ、気をつけるべきポイントや、自分が遭遇したエラーもあるので、それらの対処方法について説明していきます。

live USBの作成

Manjaroの公式サイトから好みのエディションのisoファイルをダウンロードして、live USBを作成しましょう。

USBの作り方はwikiにまとまっています(USBインストールメディア)。

BIOSの設定を変更

ここが一番重要です。下記の設定を必ず行いましょう。

  • Secure Bootをオフにする
  • SATAモードをAHCIに変更する

自分はSATAモードを変更する必要があることに気づかず、2−3時間ハマりました、、、。デフォルトではRAIDモードになっているので、必ずAHCIモードに変更しましょう。

ちなみに、RAIDモードのままだと、Manjaroのインストール後に下記のようなエラーが発生します。

mount: /new_root: can't find UUID=...

このエラーを見つけたら、BIOSの設定を確認してください。DELLのノートパソコンの場合は起動時にF2キーでBIOSの設定に入れると思います。

USBからManjaroを起動してOSをインストール

今回利用したパソコンは、起動時にF12キーでブートするディスクを選択することができます。作成したUSBをPCに刺した状態で、起動時にF12キーを押下してUSBからManjaroを起動しましょう。

OSインストールは、インストーラーに従えば大丈夫です。パーティションを独自に切りたい場合は、live USBに付属しているUsers Guideを参考にすると良いと思います。

resumeエラーの対象方法(起動時にresumeエラーが出た場合)

自分の場合、移動時に下記のエラーが発生してしまいました。swap領域のマウント関連のエラーです。

ERROR: resume: hibernation device "UUID=..." not found

このエラーはlive USBを利用して修正します

live USBからManajaroを起動して、端末を開いて下記コマンドを実行していきます。

# ディスクの情報を確認
$ lsblk
NAME        MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
...
nvme0n1     259:0    0 953.9G  0 disk 
├─nvme0n1p1 259:1    0   300M  0 part 
├─nvme0n1p2 259:2    0 944.8G  0 part 
└─nvme0n1p3 259:3    0   8.8G  0 part 

# manjaroの"/"に該当するパーティションを/mntにマウント
$ sudo mount -v /dev/nvme0n1p2 /mnt

# ここはchrootではなくて、manjaro-chrootを利用してください
$ sudo manjaro-chroot /mnt


###
# /etc/default/grub内のGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT内のresume=UUID=...を削除
###
# 変更前
$ cat /etc/default/grub | grep GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash apparmor=1 security=apparmor resume=UUID=... udev.log_priority=3"

$ nano /etc/default/grub # ここでresumeを削除

# 変更後
$ cat /etc/default/grub | grep GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash apparmor=1 security=apparmor udev.log_priority=3"


###
# /etc/mkinitcpio.confのHOOKSからresumeを削除
###
# 変更前
$ cat /etc/mkinitcpio.conf | grep HOOKS
...
HOOKS="base udev autodetect modconf block keyboard keymap plymouth filesystems fsck resume"

$ nano /etc/mkinitcpio.conf   # ここでresumeを削除

# 変更後
$ cat /etc/mkinitcpio.conf | grep HOOKS
...
HOOKS="base udev autodetect modconf block keyboard keymap plymouth filesystems fsck"


###
# 設定ファイルを初期化
###
$ sudo mkinitcpio -P
$ sudo update-grub

詳細は、こちらのmanjaroのフォーラムを確認ください。

上記の修正が終わったら再起動してください。起動できるようになっているはずです。

まとめ

簡単にですが、Manjaroのインストール方法を紹介しました。

自分のハマった部分は下記の2つです。

  • BIOSでSATAモードをAHCIに変更する
  • swap領域のマウントエラー

久々のLinuxのインストールだったので、こういったトラブルは久しぶりでした。ただ、Arch系はフォーラムがしっかりしているので、なんだかんだ解決できますね。

同じようなエラーで躓いている方の参考になれば幸いです。

初期設定については別の記事にまとめようかなと思います。

  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-PC
-