PC

Manjaro GNOME 21の初期設定 - 日本語化, Nvidia, CUDA等々

Manjaro GNOME 21.0.3をインストールしたので、自分が行った初期設定についてまとめます。

ほぼほぼ自分のための備忘録です。

あまり変わりませんが、Manjaro GNOME 19については下記にまとめています。

随時更新予定。

ManajaroはArchよりは設定する項目が少ないですが、日本語対応などは最初にする必要がありますよね。

一番最初の設定

ディレクトリの英語化

なにかファイルを配置する前に行ってしまいましょう。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

必ず利用するソフトウェアをインストール

とりあえず、vim,chromium,visual studio codeは入れます。

$ sudo pacman -Sy
$ sudo pacman -S chromium vim code

各ソフトウェアのビルドに必要なパッケージ群をインストール

gcc, g++, cmakeなどなど

$ sudo pacman -S base-devel

日本語入力の有効化

日本語入力するための設定とMac風の入力切替、日本語フォントのインストールなどを行います。

mozcのインストール

$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-configtool
$ echo 'XMODIFIERS=@im=fcitx\nGTK_IM_MODULE=fcitx\nQT_IM_MODULE=fcitx\nDefaultIMModule=fcitx' > ~/.pam_environment
$ cat ~/.pam_environment
XMODIFIERS=@im=fcitx
GTK_IM_MODULE=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
DefaultIMModule=fcitx

上記を実行後、fcitx設定(fcitz-configtool)を開いて、入力メソッドの一番上に「キーボード-日本語」を配置しましよう。もし、「キーボード-英語」が一番上にある場合は削除してください。

一度ログアウトして再ログインすれば、ctrl + spaceや半角/全角で日本語と英語の切り替えが可能になります。

notoフォントのインストール

Google Noto Fontをインストールします。フォントをインストールしたら、一度ログアウトして再びログインしましょう。

$ sudo pacman -S noto-fonts-cjk

日本語と半角の切り替えをMac風にする

変換キーで日本語入力になって、無変換キーで半角入力になるようにします。

fcitxの設定を開きます。「全体の設定」タブをクリックし、左下のShow Advanced Optionsにチェックをいれます。「入力メソッドをオンに」に変換キーを対応させて、「入力メソッドをオフに」に無変換キーを対応させます。

fcitxの設定例

NvidiaドライバとCUDAをインストール

Nvidia driverのインストール

ManjaroのWiki(Configure Graphics Cards)が参考になります。非常に簡単です。

自分は、Intel Iris Xe GraphicsとGeForce MX350のdual GPUカードという構成ですが、下記コマンドで一発でした。

# NVIDIAの提供しているドライバをインストール
# インストール後は再起動する
$ sudo mhwd -a pci nonfree 0300

# 再起動後に現在の状況を確認する。GeForceでnvidia driverが利用されていることがわかる
$ inxi -G
Graphics:
  Device-1: Intel Iris Xe Graphics driver: i915 v: kernel 
  Device-2: NVIDIA GP107M [GeForce MX350] driver: nvidia v: 460.73.01 
...

CUDAのインストール

CUDAも入れていきます。パスを通すのを忘れないでくだい。

# パッケージをインストール
$ sudo pacman -S cuda cudnn

# 環境変数を設定
$ echo 'export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH:/opt/cuda/lib64"' >> ~/.zshenv
$ echo 'export CUDA_HOME=/opt/cuda/' >> ~/.zshenv
$ source ~/.zshenv

Nvidia driverやCUDA関係はめんどくさいことが多いですが、すごく簡単ですね!

各種パッケージのインストール

Docker

開発するときにはもはや必須です。

$ sudo pacman -S docker docker-compose
$ sudo systemctl start docker
$ sudo systemctl enable docker

pyenv

Manjaroではデフォルトでpython 3.9が入っています。3.9だと新しすぎて対応していないパッケージがあるので、他のバージョンも使えるようにします。

# pyenvのインストール
$ sudo pacman -S pyenv

# インストールしたいバージョンを探して、インストール
$ pyenv install --list
$ pyenv install 3.8.6

# 現在のバージョンを確認して、変更
$ pyenv versions
$ pyenv global 3.8.6
$ eval "$(pyenv init -)"
$ python --versions
python 3.8.6

# zshrcに追加しておく
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc 
  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-PC
-