PC

Windows10 Dell製ノートPCで日本語入力と英語入力の切り替えをMac風にする

Windowsを利用している方は、どのように日本語入力と英語入力の切り替えを行っているでしょうか?

おそらく、ほとんどの方は半角/全角キーで入力切替を行っていると思います。

ただ、半角/全角キーは左上にあることが多く、ホームポジションから手を動かす必要性が出てきてしまいますよね。私にとっては非常にめんどくさいです。

この記事ではそのような方を対象に、Windowsでも入力切替をMac風(スペースキーの隣で入力切替)にする方法を紹介します。

Windowsの機能を利用するので、ソフトウェアのインストールは必要ありません!

ポイント

PC:Dell Inspiron 7300

OS:Windows10 Pro

スペースキーの左キー:無変換キー

スペースキーの右キー:変換キー

Windowsでは、無変換キーと変換キーの動作はデフォルトの機能で変更可能です!

設定方法

早速設定していきましょう。

setting画面

Windowsキーを押して、"setting"と検索して、「設定」アプリを開きます。

そして、地域と言語を押下します。

地域と言語の画面

左タブから「言語」を押下します。

そして右側で画面を下までスクロールして、「日本語」を押下して、「オプション」を押下します。

キーボードレイアウトの画像

言語のオプション画面で下まで画像をスクロールし、「Microsoft IME」のオプションを押下します。

MicrosoftIMEの画像

MicrosoftIMEの設定画面が表示されたら、キーとタッチのカスタマイズを押下します。

キーとタッチのカスタマイズ画面

無変換キーを「IME-オフ」にして、変換キーを「IME-オン」にします。

ちなみにIMEは"Input Method Editor"の略です。別名では日本語入力ソフトとも呼ばれます。

日本語入力ソフトなので、IME-オンにすることで日本語入力となり、IME-オフとすることで英語入力になるということですね。

まとめ

Windows10のパソコンで、入力切替をMac風(スペースキーの両隣で入力切替)にする方法を紹介しました。

無変換キーと変換キーがスペースキーの両隣についているキーボードを利用している場合、キー変換ソフトのインストールなどは不要で簡単に設定可能です。

私のようなホームポジションから手を動かしたくない怠惰な人には、必須の設定ですね!

  • この記事を書いた人

たかけの夫。IT系コンサルティング会社に勤務し、主にクラウドや機械学習に関するコンサルティング業務を行う三十路男。IT技術・投資に興味を持ち、家族と楽に人生を楽しみたい人。

-PC
-,