日記

【まとめ】子犬を迎えるのに必要な費用を実例を元に紹介【総計18万円】

我が家では、柴犬を生後2カ月から飼っています。

ネットで初期費用を調べると本当に必要最低限の費用しか書かれていません。

実際に飼い始めると、ある程度買います必要があったので、実際に買った商品とその感想・かかった費用を紹介します。

本記事では、実際に購入した商品の全体概要・費用をまとめました。

こんな人におすすめ!

  • 犬を飼うことを検討していて、必要な費用を知りたい人
  • 犬を飼うことが決まっていて、何を揃えるべきか知りたい人
  • 犬を飼っていて、グッズの買い足し・買いなおしを検討している人

購入品一覧

私たちが実際に購入した商品の総費用は14万6千円 でした。

これにワクチン(3回分)と狂犬病の注射など動物病院でかかる金額も合わせると総費用は18万円です!

犬を飼うためには、まとまったお金が必要なことがよくわかります。

犬を迎えるにあたって必要なグッズはかなりたくさんあるので、カテゴリーに分けて以下にまとめました。

なお、より詳細な説明はそれぞれ別の記事にまとめていますので、是非ご参考にご覧ください。

生活に必要なグッズ

犬の生活のために購入した商品の総費用は、10万4千円でした。

より詳細はこちらの記事にまとめています:【生活編】犬を迎えるのに必要な費用とグッズを実例を元に紹介

項目価格
サークル¥10,560
クレート¥3,040
トイレトレー・カバー¥6,228
トイレシーツ¥5,705
うんち袋¥1,500
消臭力¥486
プラズマクラスター¥39,800
ペットゲート¥6,534
ベッド¥3,990
防水シート¥1,866
カーペット¥24,110

散歩に必要なグッズ

犬の散歩のために購入した商品の総費用は、1万2千円でした。

より詳細はこちらの記事にまとめています:【散歩編】子犬を迎えるのに必要な費用を実例を元に紹介

項目価格
リード¥561
首輪¥1,097
ハーネス¥5,940
ハンディシャワー¥503
伸縮リード¥1,611
スリング¥2,500

食事に必要なグッズ

犬の食事のために購入した商品の総費用は、5千円でした。

より詳細はこちらの記事にまとめています:【食編】子犬を迎えるのに必要な費用とグッズを実例を元に紹介

項目価格(単価)
水飲み¥1,053
食事皿¥1,499
ペットフード¥2,305

手入れに必要なグッズ

犬の食事のために購入した商品の総費用は、4千円でした。

より詳細はこちらの記事にまとめています:【手入れ編】子犬を迎えるのに必要な費用とグッズを実例を元に紹介

項目価格
歯磨きシート¥213
ブラシ¥1,299
シャンプー¥482
爪切り¥2,480

おもちゃ

犬のおもちゃのために購入した商品の総費用は2千円でした。

より詳細はこちらの記事にまとめています:子犬を迎えるのときに用意したい、おもちゃ4種

項目価格
ボール¥503
¥260
デンタルケア¥594
知育玩具¥623

その他のグッズ

別記事では触れませんでしたが、他にも買っておくと良い商品がいくつかあるのでここで簡単に紹介します。

犬のその他のグッズを購入した総費用は1万9千円です。

項目価格
ウェットシート¥4,478
ビターアップル¥1,055
アイリス絨毯クリーナー¥13,064

ウェットシートは、ちょっとした粗相の掃除から散歩後の足ふきまで何にでも使っています。

家の中でも噛んでほしくない場所には、ビターアップルを噴射しておくと非常に効果的です。噛む・舐めるを一切しなくなります。少し独特なにおいがします。

犬を飼う部屋を絨毯張りにしている場合は、アイリスオーヤマのリンサークリーナーを持っておくと便利です。

粗相だけでなく、吐いたり、散歩後拭きとれなかった泥など、活躍の場が多いです。

まとめ

本記事では、犬を迎えるにあたって必要な費用・グッズを紹介しました。

なお、本記事では、生体購入費用・ペット保険は含まれていません。

突然の出費に備えたい場合は、ペット保険も検討に加えて、初期費用を考えることをお勧めします。

ネットで調べているとグッズの初期費用は数万円程度で見積もられているので、現実と少しギャップがある印象です。

これから飼う方はぜひしっかりと備えた上で、わんちゃんとの素敵な生活をお過ごしください。

  • この記事を書いた人

たかけの妻。IT系企業勤務し、主にデータに関する業務を行うサラリーマン。犬・旅行・子育て系の記事更新が多い。コスパの高い人生を送りたい。現在妊娠中。

-日記
-,